エラの悩みはボトックスで解消【注射だけでコンプレックスを改善】

素知らぬ振りで小顔に

ボディ

痛み対策なら注射針に着目

生まれつきなど、エラの張り出しは骨格だけが原因と考えがちですが、意外にも後天性の理由で張り出すパターンが多いのです。特に顕著な例が咬筋の肥大化であり、食事や歯ぎしりなどで毎年少しずつ大きくなっていきます。昔と比べてエラが大きくなったと感じた場合、気のせいではなく、本当に大きくなっている場合が珍しくありません。ですが咬筋に原因があるなら美容外科のボトックス治療が有効ですので、注射だけでコンプレックスを改善できる可能性が大です。この治療が優れる点は、咬筋が過度に発達している人ほど、切開治療と並ぶ効果を期待できることにあります。しかも注射は10分前後で終わり、その後はメイクをしてサッと帰宅できるのもメリットです。もちろん縫合など致しませんから抜糸もなく、後日に通院するといった煩わしさがありません。そのうえ、ボトックス治療は廃用性萎縮効果で3、4週間掛けて自然に小顔になるため、1日で顔が劇的に変化しないのも魅力です。そのことで美容整形を受けたことがモロバレしにくいので、周囲に対して素知らぬ振りで小顔になれます。また、美容目的ではありませんが、エラへのボトックス注射は顎関節症のケアにも有用であり、この場合は術後3、4日で効果を感じられるのが一般的です。小顔治療で用いるボトックスは、ボツリヌス菌より抽出したタンパク質の1種であり、この成分が筋肉の動きを抑制することで、エラの咬筋をシェイプアップします。ですが、治療を検討中の場合はそのような基礎知識より、施術時の痛みのほうが気になるかもしれません。ボトックスの小顔治療はエラに注射をしますので、どうしても穿刺による痛みが発生します。ただし一般病院で用いられる採血用の注射針を連想するのは間違いで、ボトックス治療ではそれよりも細い30Gクラスの注射針を使うのが通例です。注射針はゲージという単位で太さを表し、数字が大きいほど細いサイズを意味します。採血では血液成分を壊さないために20Gクラスの太い針を使うので、それから比べれば30Gはかなり細い針です。針が細ければスッと肌に入りますから痛みが少なく、血管にダメージを与える確率が下がるため、内出血も発生しにくくなります。どのサイズの注射針を使用するかはクリニック次第なので、治療を受ける際はこの点に着目するのも豆知識の1つです。また、美容外科によっては、さらに細い34Gといった極細針がオプションで選べる場合があります。そこで痛みに敏感な人は、オプションメニューも細かくチェックしておくと良いでしょう。

顔に触れる女性

ネットで良い病院を探す

顔が大きく見える要因の1つにエラの張りがあります。エラは骨格の形だけでなく筋肉の発達でも張りますが、ボトックス注射治療で小さくする事ができます。簡単な施術方法ですが医師の腕にもよりますので、クリニック探しは慎重を要します。

詳しく見る

鏡を見る人

手軽な小顔治療

エラのボトックス治療は咬筋を小さくさせることで、小顔効果を得ることができます。治療後は固い食べ物を食べるのを控えることで、ボトックスの効果を長持ちさせることができます。治療費用は3〜10万円が相場となっており、評価の高い口コミが多いです。

詳しく見る

女医

負担の小さい整形手術

細菌の毒を使って行われるボトックスの施術は、エラの部分に注射をして顔を小さくできる治療法です。一度受けるとある程度の期間効果が持続しますが、定期的な利用が必要なのでよく考えてから利用する必要があります。

詳しく見る

男性医師

シャープな輪郭を実現する

エラは原因となっている咬筋という筋肉の活動を抑えることで改善させることができます。ボトックス注射は負担も少なく、痛みも最小限に抑えられた治療法で、気になるエラを小さくできます。ダウンタイムは数日と短く、気軽に行える点が魅力です。

詳しく見る